ある日突然その日はやってくるものです。今までもそうでした。5年間使い続けてきた愛機macbook air 2011が壊れました。おそらくSSDの不具合でしょう。アメリカのここからSSDを買って、二度も不具合を起こしてその都度交換しもらいました。今回もメールで問い合わせてみましたが、だめみたい。まあ、いい機会だと思ってmacbook pro 2016をヤフオクで落札しました。touchbarなしのSSD256GB、メモリーが16GB積んでいます。airをやめた理由は、おそらく僕の型番のmacbook proが現実的なmacbook airの後継機であろうこと。そしてretinaディスプレイを使いたかった、この2点です。

  • 画面、きれいです。評判通り。写真を編集する目的が大きいのでそれだけでも十分買った価値あり。
  • 今回から採用されたUSB-C。確かにアダプターがないと不便です。それがなければ、USBの記憶媒体、SDカードなどなど何もつなげません。なのでアマゾンでHooTooというハブを購入しました。電力供給もUSB-Cタイプに変わりましたが、これもまえのmagsafeタイプの方がいいかなぁ。USB-Cの差込口がポキって折れてしまいそうです。しかし、将来的にはこのUSB-Cに変わってく流れなんでしょうね。
  • touchbarが今回のMacBook Proから導入されましたが、おいらは全く興味なし。価格差が割と大きいので今後評判が良くなり、こなれてきたところで考えます。
  • キーボードのタッチは浅め。打ちやすいかと言われたら、もう少し深くタッチングできる方がおらは好き。好みの問題でしょう。けど、打ちやすいです。
  • トラックパッドはやはり秀逸。これがあるだけでもWindows機には戻れない。そばにはBluetoothのマウスも置いてありますが、ほぼほぼマウス要らずです。
  • 他に揃えたもの。液晶モニターの保護シート。トラックパッドの保護シート。本体を覆うカバー。それぞれそれなりに使えます。がんばったのは苦手な液晶シール貼り。気泡もほぼできず大成功!

@